痔 予防

痔の予防詳細

痔の中でも一番多い症状のいぼ痔は、肛門の周辺の毛細血管がうっ血することで起こります。

 

うっ血を起こす原因は、そのほとんどが、日々の生活習慣の影響を受けています。

 

生活習慣を改善することで痔は予防できます。

 

食物繊維

痔になりにくい体を作るためには、やわらかく肛門に負担をかけないよい便を作ることが大切です。
そのために欠かせないのが食物繊維です。
日本人は慢性的な食物繊維不足の傾向にあると言われており、その結果、便秘を引き起こすことで痔の発症・悪化に繋がります。
水に溶けないスジっぽい不溶性食物繊維と、水に溶けるネバネバヌルヌルした水溶性食物繊維の両方をバランスよくとることが大切です。
野菜、くだもの、きのこ類、海藻類、イモ類、豆類などを積極的にとりましょう。

 

ストレスをためない

腸はストレスの影響を受けやすいため、ストレスと便秘や下痢は密接な関係にあります。
便秘や下痢を防ぎ痔になりにくくするためには、ストレスをためこまないことが大切です。
また、ストレスや疲労は全身の血行を悪くしてうっ血を起こしやすくしたり、体の免疫を低下させるもとにもなります。
多少のストレスは誰にでもあるものですが、十分な休養をとり、ストレスを上手に発散する方法を見つけましょう。

 

長時間座りっぱなし

長時間座りっぱなしでいると、肛門がうっ血しやすくなり痔になりやすくなります。
仕事中も、たまには立ち上がったり少し歩いたり軽い体操をしたりして体を動かすように心がけましょう。
すでに痔の症状があるときは、ドーナツ型のクッションや座布団などを利用するとよいでしょう。
特にあぐらは、肛門への負担が大きいので注意しましょう。

 

長時間立ちっぱなし

長時間立ちっぱなしでいると重力で血液が下に集まりやすく、おなかに圧力がかかるため肛門がうっ血しやすくなり痔になりやすくなります。
こまめに休憩をとったり、姿勢を変えたり、軽く体操をするなどしてうっ血を防ぐように心がけましょう。

 

体の冷え

体の冷えは、血行を悪化させるもととなり肛門のうっ血を招きやすくなります。
肛門のうっ血を防ぐには、特に腰やおしりまわりを温めることが大切です。
暖かい下着やカイロなどを利用して、冷えから体を守りましょう。
また、湯船にゆったりとつかって体を温めることも痔の予防には効果的です。
おしりの清潔にも役立ち、一石二鳥です。

 

手術なしで痔を改善できる方法

手術なしで痔を改善できる方法

◆痔は、手術をしなければ治らない…

◆痔は、塗り薬や座薬を使わないと治らない…

◆痔は、自分で治すことは難しい…


痔の症状に悩んでいるあなたへ“わずか1分のトレーニング”で、痔が改善する!



手術なしで痔を改善できる方法

 

痔の症状メニュー

痔の症状別治療法

いぼ痔や切れ痔で出血したとき痔の症状別治療法の情報。

 

痔の病院を探す
いぼ痔や切れ痔の名医やスーパードクターのいる病院の探し方。

 

痔の手術
いぼ痔や切れ痔の手術に関する情報です。

 

痔の原因
いぼ痔や切れ痔の原因に関する情報です。

 

痔の予防
いぼ痔や切れ痔の予防に関する情報です。

 

女性の痔の症状
女性のいぼ痔や切れ痔の症状に関する情報です。

 

赤ちゃん、乳幼児、子供の痔の症状
赤ちゃん、乳幼児、子供のいぼ痔や切れ痔の症状に関する情報です。

 

痔の薬
いぼ痔や切れ痔の薬に関する情報です。

関連ページ

痔の症状別治療法
いぼ痔や切れ痔で出血したとき痔の症状別治療法の情報。
痔の病院を探す
いぼ痔や切れ痔の名医やスーパードクターのいる病院の探し方。
痔の手術
いぼ痔や切れ痔の手術に関する情報です。
痔の原因
いぼ痔や切れ痔の原因に関する情報です。
女性の痔の症状
女性のいぼ痔や切れ痔の症状に関する情報です。
赤ちゃん、乳幼児、子供の痔の症状
赤ちゃん、乳幼児、子供のいぼ痔や切れ痔の症状に関する情報です。
痔の薬
いぼ痔や切れ痔の薬に関する情報です。