痔 手術

痔の手術詳細

出血を改善する手術

出血を改善する硬化療法(フェノール)

硬化剤を注射することで、出血を改善する治療法です。
ほとんど痛みもなく、外来で処置できる方法です 。
痔核の根元に硬化剤(フェノール)を注射します。

 

いぼ痔(内痔核)の手術

ゴム輪結紮療法

ゴム輪でいぼ痔の根元を縛って血流を止めて、イボ痔を壊死させる方法です。
内痔核は神経がないため、痛みはありません。
1〜2週間で痔核がしぼんでゴム輪とともに脱落し、便にまじって排出されます。
出血もなく、外来でもできる方法です。
いぼ痔の状態によっては、ゴム輪がうまくはまらないこともあります。
また、外痔核をともなう場合には向きません。
結紮器という特殊な器具でイボ痔をつまみ、根元にゴム輪をかけて縛る。
いぼ痔への血流が途絶え1〜2週間で壊死してゴム輪と一緒に脱落します。

 

半導体レーザー療法

レーザーで内痔核を固めて縮小させる方法です。
痛みを感じない内痔核に使われる方法です。
周囲を傷つけることのない安全な方法で、日帰り手術または短期の入院で処置できます。
外痔核をともなう場合には向きません。
結紮切除術やゴム輪結紮術などと併用することもあります。
痔核に特殊な色素を注入したあと、レーザーを当てると、色素の入った部分だけが、凝固して小さくなります。

 

いぼ痔を改善する硬化療法(硫酸アルミニウムカリウム、タンニン酸)

硬化剤を注射することで、脱出や出血を改善する治療法です。
痛みや出血がほとんどなく、短期間の入院で処置できます。
治験段階のデータでは結紮切除術に比べて再発率が高く、今後の検討課題となっています。
新しい治療法のため特殊な投与技術が必要であり、決められた手技講習会を受講した専門医しか実施できず、まだ実施していない医療機関もあります。
痔核に硬化剤(主成分:硫酸アルミニウムカリウム、タンニン酸)を、1つの痔核に対して4ヶ所に分けて注射する。
痔核へ流れ込む血液の量が減り、出血が止まる。
脱出も軽くなる。
痔核が次第に小さくなり、脱出が見られなくなる。

 

いぼ痔(外痔核をともなう場合)の手術

結紮切除術(半閉鎖法)

現在、いぼ痔の手術の主流となる方法です。
いぼ痔の大きさや形、位置などに柔軟に対応できるため、肛門への負担を最小限に抑えることができる方法です。
外痔核をともなって脱出する内痔核も処置できます。
いぼ痔に血液を送っている血管を縛ってから、いぼ痔を切り取ります。
術後しばらくは排便時に痛みがあります。安全のために、10日前後の入院を要する施設が多いようです。
いぼ痔をはがしとるようにして切除していき血液を供給している血管を縛り切除します。
切除したあとの傷を、肛門の外側を残して縫いあわせます。

 

PPH

特殊な器具を使って、直腸粘膜を環状に切除して縫い合わせて、垂れ下がった痔核や粘膜を吊り上げる方法です。
痔核が全周的に脱出していて切除が難しいときに行われます。
括約筋の一部も切り取られるため、術後の長期的な経過の評価が必要とされる方法です。
特殊な器具で、たるんだ粘膜を環状に切除してから縫いあわせる。
垂れ下がった痔核や粘膜が、もとの位置に戻る。

 

手術なしで痔を改善できる方法

手術なしで痔を改善できる方法

◆痔は、手術をしなければ治らない…
◆痔は、塗り薬や座薬を使わないと治らない…
◆痔は、自分で治すことは難しい…

痔の症状に悩んでいるあなたへ“わずか1分のトレーニング”で、痔が改善する!

 

手術なしで痔を改善できる方法

 

痔の症状メニュー

痔の症状別治療法

いぼ痔や切れ痔で出血したとき痔の症状別治療法の情報。

 

痔の病院を探す
いぼ痔や切れ痔の名医やスーパードクターのいる病院の探し方。

 

痔の手術
いぼ痔や切れ痔の手術に関する情報です。

 

痔の原因
いぼ痔や切れ痔の原因に関する情報です。

 

痔の予防
いぼ痔や切れ痔の予防に関する情報です。

 

女性の痔の症状
女性のいぼ痔や切れ痔の症状に関する情報です。

 

赤ちゃん、乳幼児、子供の痔の症状
赤ちゃん、乳幼児、子供のいぼ痔や切れ痔の症状に関する情報です。

 

痔の薬
いぼ痔や切れ痔の薬に関する情報です。

関連ページ

痔の症状別治療法
いぼ痔や切れ痔で出血したとき痔の症状別治療法の情報。
痔の病院を探す
いぼ痔や切れ痔の名医やスーパードクターのいる病院の探し方。
痔の原因
いぼ痔や切れ痔の原因に関する情報です。
痔の予防
いぼ痔や切れ痔の予防に関する情報です。
女性の痔の症状
女性のいぼ痔や切れ痔の症状に関する情報です。
赤ちゃん、乳幼児、子供の痔の症状
赤ちゃん、乳幼児、子供のいぼ痔や切れ痔の症状に関する情報です。
痔の薬
いぼ痔や切れ痔の薬に関する情報です。