妊娠検査薬

妊娠検査薬

妊娠検査薬は早期に妊娠したかどうかを自宅で誰にも見つからないで確かめる手軽な方法です。

 

妊娠検査薬の使用時期はいつからがいいのかや反応が陽性・陰性を示す特別な場合の例を紹介しています。

 

妊娠検査薬とは

妊娠の初期に受精卵から尿の中に分泌されるhCGというホルモン(ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン)があります。

 

このhCGは妊娠を維持しようとするホルモンで、胎児が着床すると尿の中に出てきます。

 

このhCGを敏感に感知し妊娠しているかどうかを短時間で検査する薬を妊娠検査薬といいます。

 

妊娠検査薬はいつから反応

妊娠の可能性があるのに妊娠検査薬の反応が陽性と出ない場合の要因としては、妊娠の超初期では、妊娠検査薬でチェックできるだけのhcgが出ていないことがあります。

 

水分を多量に飲んだため尿中のhcgが薄くなってしまうことも妊娠検査薬の反応が陽性と出ない原因となります。

 

妊娠の可能性がないのに妊娠検査薬の反応が陽性と出る場合の要因としては、不妊症の治療や黄体機能不全の治療を受けている人はhCG製剤の投与を受けている可能性が高いため妊娠検査薬の反応が陽性と出る場合があります。

 

生理が閉経した後の女性は妊娠と無関係なhcgが僅かに出ているため妊娠検査薬の反応が陽性と出る場合があります。

 

卵巣の絨毛癌などhcgを出す腫瘍がある人も妊娠検査薬の反応が陽性と出ます。

 

流産した後や人工妊娠中絶を行った後でも妊娠検査薬の反応が陽性と出ます。

 

妊娠検査薬の反応が判定で陰性であっても生理が来ない人は、生理の周期が不規則な場合、妊娠検査薬を使用する際の感違いにより日数計算を間違えた場合、妊娠超初期の場合、子宮外妊娠などの異常妊娠の場合、胎内死亡やけい留流産などの胎児異常の場合、胞状奇胎などにより大量のhcgが分泌された場合など母体の危険もありますので早期に再度妊娠検査薬で検査をするか産婦人科の診断を受けるようにしましょう。

 

妊娠検査薬で自己検査

生理が遅れてひょっとしたら妊娠しているのではないか?

 

でも産婦人科に行くのは恥ずかしいし人目も気になるなど、妊娠しているかどうかを調べたい時に悩む女性は多いと思います。

 

妊娠検査薬は早期に妊娠したかどうかを自宅で誰にも見つからないで確かめる手軽な方法です。

 

でも、妊娠検査薬を薬局で買ってきて自分で検査をしても「本当に妊娠しているのかしら」と悩みます。

 

妊娠初期は赤ちゃんの脳や心臓など主要器官が出来始める重要な時期なので、妊娠を早期に知ることは大切な事です。

 

場合によっては子宮外妊娠などの正常でない妊娠の可能性もあります。

 

妊娠検査薬の結果が陽性反応であれば妊娠の可能性があります。

 

出来る限り早く医師の診断を受けるようにしましょう。

 

妊娠検査薬人気ランキング

妊娠検査薬の人気ランキングです。

 


" alt="" />

99%以上の正確さで尿中のhCGを検出する、簡単操作の妊娠検査薬です。使いやすいロングタイプです。1分から判定可能、判定結果が一目でわかります。生理予定日の約1週間後から検査できます。朝、昼、夜いつの尿でも検査できます。

チェック ワンは、スティックに尿をかけるだけの簡単操作で、わずか1分でスピード判定できる信頼性の高い妊娠検査薬です。スティック本体はスリムで持ちやすく、尿のはね返りがなく清潔に検査できます。また感度が50IU/Lで、生理予定日の約1週間後から検査が可能です。

「ドゥーテスト・hCG 2回用」は、採尿部が大きいためかけやすく、尿がハネにくい構造です。確認サインで、正しく検査できたかお知らせします。判定方法がスティックにも記載されているので便利です。キャップを後ろにつけて、スティックの長さを伸ばせます。99%以上の正確さで、hCGを検出します。約1分で判定できます。

オムロンクリアブルーは、尿中のヒト繊毛性性腺刺激ホルモン(hCG)に対して高感度に反応するため生理予定日の約1週間後から検査可能です。

また操作はワンステップだけで、検査時間もわずか1分と短く簡単です。