シミ とり

シミとり対策

シミは一度できてしまうと消すことが難しくなります。

 

シミとりの対策としては、紫外線を浴びないようにして日焼けをしないようにすることです。

 

肌は、お手入れ次第でシミという現象を遅らせることができます。

 

シミを作らないためには、紫外線に長時間当たらないようにすることです。

 

5〜8月の紫外線が多い季節は特に注意が必要です。

 

曇りや雨の日でも紫外線はあるので油断できません。

 

外出する時の服装は、長そで、長ズボンで肌の露出をできるだけ少なくするのが理想です。

 

黒い色の服装ほど紫外線を通しません。

 

日傘をさしたりつばの広い帽子をかぶることも紫外線の対策には有効です。

 

サングラスを着用するのも瞳へのUVをカットできます。

 

外出するときは当然ですが、家にいても紫外線は窓ガラスなどを通して皮膚に入ってきます。

 

そんな時は、日焼け止めのクリームなどを塗っておくとよいでしょう。

 

日焼け止めのクリームは、自分の肌に合ったものを、たっぷりむらなく塗りましょう。

 

汗をかいたりしたら、すぐに塗りなおすようにしましょう。

 

CO2の増加によるオゾン層の破壊により、紫外線の放出量は増えています。

 

紫外線から肌を守るために、自分でできるシミの予防は、できることから始めるとよいでしょう。

 

シミとり治療法

できてしまったシミへの対策と治療法は、シミの種類によって変わってきます。

 

紫外線による皮膚の老化を光老化といい、光老化によってできたシミを老人性色素班といいます。

 

老人性色素班のシミ対策は、シミが薄いうちは美白剤が有効といわれています。

 

メラニン色素の生成を阻み、表皮の新陳代謝を促進することでシミの色調を薄くすることができるようです。

 

古くなった角質を取り除くケミカルピーリングやフラッシュライトの光で美肌の源であるコラーゲンを増やすフォトフェイシャルを併用してシミを薄く保つことができるようです。

 

色素が濃い場合のシミは、レーザー治療が有効といわれています。

 

シミには、老人性色素班以外にも、遺伝による雀卵班というそばかすや、女性ホルモンのバランスの乱れによるかんぱんや、ニキビなどの肌に炎症がおこった後にできる炎症性色素沈着などさまざまな種類があります。

 

シミの対策や治療をするには、シミの種類を見分けることと、シミは自然には薄くなりにくいので積極的な治療をすることが大切です。

 

シミの治療は皮膚科や美容外科で相談するとよいでしょう。

 

ただし、美容に関する相談や治療は保険の適用外となり自費となります。

 

あらかじめカウンセリングや治療費がいくら位かかるかなど確認した上で納得できたら治療を受けるようにしましょう。