そけいヘルニア 症状

そけいヘルニアとは

そけいヘルニアとは、お腹の中にあるはずの腸や腹膜の一部が、足の付け根のそけい部に出てくる病気のことです。

 

以前は脱腸と呼ばれていました。

 

乳幼児のそけいヘルニアは、生まれたときからのもので男の子は腸が睾丸の中に入り込み腫れたりします。

 

女の子は卵巣や卵管が出てくる場合があります。

 

おなかに力を入れたときふくらみ、圧迫すると引っ込みます。

 

圧迫しても引っ込まなくなったらかんとんヘルニアとなり、腸が長く締め付けられると腸閉塞となり命に関わってきますので、治療を受けたほうがよいでしょう。

 

成人のそけいヘルニアは、小児や子供のときに放置したものが加齢で体が弱くなり再発することが原因のようです。

 

そけいヘルニアになる人の80%以上が40歳以上の男性に起こる傾向があるようです。

 

また、そけいヘルニアには、腹圧のかかる製造業や立ち仕事をする人に多いことが指摘されています。便秘気味の人や肥満の人も注意が必要です。

 

そけいヘルニアの症状

そけいヘルニアは、初期症状で痛みが出ることが少ないためそのまま放置する人が多いようです。

 

お腹を引き締めても脱力した感じがする、お腹を押したときにぐにゅと音がする感じがしたときは自覚症状の始まりの可能性が高いです。

 

大腿部の付け根に玉のような膨らみがあるときは、そけいヘルニアの可能性があります。

 

自然治癒することはありませんので症状を感じたら病院で診察をしましょう。

 

そけいヘルニアの治療

そけいヘルニアの治療法は、外科的手術を行わないと完治しません。

 

そけいヘルニアの手術は、通常2〜3日の入院でできますが、最近では日帰り手術を行う病院も増えています。

 

手術費用は、成人とこどもや日帰りか入院するかによって変わってきます。

 

手術をする病院でよく確かめておくとよいでしょう。

 

手術後は日帰り手術の場合でも、ほとんど痛みがないので家事やデスクワークなどの軽い仕事はできますが、3〜4日は休息されることをお勧めします。

 

そけいヘルニアの原因

そけいヘルニアが起こる原因は、小児、幼児、乳児時期のそけいヘルニアは主に母体の中で既に発症を始めている先天性のヘルニアが原因です。

 

成人になってからのそけいヘルニアは、そけい部の筋膜の筋力が年齢と共に衰えてくると、徐々に生まれてきた隙間から大腸や小腸などの内臓がはみ出してしまう現象が原因となって発症するものです。

 

初期症状のそけいヘルニアは、痛みがないからと放置しておくと悪化するばかりですので、自覚症状が出たら病院で診察を受けましょう。